月別アーカイブ: 2016年5月

オタクサ

オタクサ?

長崎出身の方は見当がつくかも。

長崎のお土産菓子の名前でもあるが、

紫陽花の別名(物議をかもしているが)。

H

通勤途中の公園で

オランダ商船に紛れて来日したシーボルトが

日本の紫陽花(日本原種)の命名に

自身の恋人”お滝さん”を表記した。

遠い昔の恋話。

青空の下、もう花をつけ始めている。

梅雨空にはなを咲かせるのは

何のはな?

 

 

ビスケットfrom Canada

今日はカナダからのお客様。

そんな遠くまでSACの名前が轟いている…

ワケではない。

国際結婚でカナダに居を構えている方で、

年に一度吉祥寺に戻ってくる。

そして吉祥寺の親友と共に訪れる。

5月頃が多いのでツバメのよう。

いつも何かしら手土産を持ってくる。

H

今回はビスケットだー!

お土産にホクホクする自分はツバメ・ヒナのよう。

今日はゆっくり楽しく過ごせただろうか。

1年に1度の楽しみです。

 

 

 

 

 

 

迎える

今日は先生を囲んでのお食事会。

先生を迎えるために持参した花を活けている。

H

貸し切りなのでウェルカムプレートまで持参していた。

集まるメンバーは習い事をした場所も時期も違うため、

年齢も幅広い。心からお迎える姿は見ていて気持ちがいい。

先生は会話の合間に、

”今、目の前にいる教え子が高校生当時の姿で見えてしまう”

と言っていた。子供が家庭を持つような大人になっても

親にとってはいつまでも子は子という。

よい絆だなと思う。また来店してほしいものだ。

 

緑化計画

ビル2階に掲げているSACの看板。

真下を通る人には見えず、道路向かいからか

バスの中からしか見えない。

ちょっと味気ない看板なので周りにアイビーを

這わしていこうと画策。

アイビーは庭に植えてあるので、健康そうなツタを

切って現在窓際で根を張らせている。

H

実はこのアイビー、7年前に別の店舗で働いていたとき

お客様から頂いたもの。

店内奥のパリ地図の上のアイビーや店頭の生け花に

いるアイビーも元は同じ。

根が付いたら今度は外の看板デビューだ。

まだ小さいけどいつか看板を覆い尽くすんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

ポワローのキッシュ

昨日何やら作っていたシェフ。

最近、イチジクやナッツのタルトなど焼き菓子が

デザートで出ていたので、今度は何のタルトかと

思いきや”ポワローネギのキッシュ”。

H

ランチの前菜に添えられている。

焼き物は一度にそれなりの分量が仕上がるが、

使い切ったらお終いという運命。

何度も来店してくださるお客様に、少しでも替わっていく

料理を提供したいというシェフの気持ちが見え隠れする。

数が限られているので試食は我慢。

因みに白いムースはカリフラワー。

”うわあ、おいしい”と思わず声が出てしまうことが多い一品。

カリフラワーのイメージが全然変わるんですよね、これ。

今日もお待ちしております。

五月晴れ

今日は気持ちのいい晴れ。

出勤中の通りには青々とした緑。

真上には吸い込まれそうな青空。

ああ、これが五月晴れか~。

Hisilicon K3

店舗のあるビルの真上を撮影。

五月晴れは”ごがつばれ”。

”さつきばれ”は6月の梅雨の晴れ間を指すとのこと。

今日のような大陸からの高気圧の影響で晴れ渡ることは

”ごがつばれ”と読む。(今日知りました)

雨一つとってもいろんな表現を持つ日本語。

風流で感性豊かな語彙が豊富だが、知らなければ

通じないのも確か。うーむ、年を経るほど学ぶことの

大切さを感じてしまう。

”やばい晴れだよ”なんて表現も学んでみることにするか。

 

狙ってるとしか思えない…

当店のサラダに”3種のチーズのサラダ”がある。

お昼にもランチバージョンで出すことがあり、

3種のうちの1つ、白きくらげみたいに削ってある

”テット・ド・モアンヌ”は人目を惹く。

H

スイスのチーズでセミ・ハードタイプ。濃厚な味わいと

塩水で洗って熟成させるので独特の風味を持っている。

さて、このチーズの名前の意味は”修道士の頭”。

そしてこれがそのパッケージ。

s-CIMG2444

真ん中には削られているテット・ド・モアンヌ(修道士の頭)、

削っている修道士の頭を見て、”はは~ん”と納得してしまう。

ところが名前の由来はこれではない。

最有力な説は当時大きな土地を所有していた修道院。

小作として働いていた農民に修道士の頭の数だけチーズを

納めなさいといういわば年貢だったと言われている。

・・・と分かったとしてもこのパッケージにはイタズラ心を

感じずにはいられない。

休日前

明日は火曜・定休日。

休み前日に泡ものが空いている場合、

開いてる分だけディスカウントすることが

ある。

今日はシャンパンが開いているので

6杯分すべて1480円⇒980円で提供!

IMG_20160509_114715

これが残った場合は私の晩酌?

たまに起こるプチ・イベントなので

イベントに当たったらラッキーくらいで

よろしくお願いします。

道のりは道を作るところから

もうすぐランチのメニューを変更したいところ。

連日時間ができると見かけるこの姿。

IMG_20160502_215759

料理の味・香り・食感考えるだけではシェフの

仕事は終わらない。素材の選別、お値段や

ランチタイムの早い流れでも滞りを少なくする

手順や仕込みなど、お客様に届いて美味しいと

言われるまでのすべてがシェフの仕事。

道のりは長いのです。

グリンピースのクリームスープ

グリンピースのクリームスープが好評だ。

グリンピーススープ

新緑を思わせる色合いに穏やかな碧い香り。

豆の粒々した食感を想像していたお客さんを

軽く裏切る滑らかさが上品だ。

ひよこ豆の粉をフレーク状にして食感と風味を加えている、

そんな細部まで行き渡るような組立が好評の原因のよう。

よろしかったらどうぞ。