月別アーカイブ: 2016年6月

キャドー(プレゼント)

ランチが終わって一段落。

お客さんの中にバスの中の噂で来た人がいた。

三鷹行きのバス。前席の親子が”このフレンチ美味しいんだよ”

で初めて当店に気づいたんだとか。

夕方に予約の電話。

”お誕生日おめでとうございます。”

公式にBDを言った覚えはない。僕と同じ誕生日の人以外は。

去年ご自身の誕生日祝いをしてくださったお客様だった。

去年の11月からパタリと連絡がなかった常連客からディナーの

予約が入った。”やっとお酒が飲める。”とのこと。

今日が快気祝い。病状もこの先、深刻ではないものだった。

とても安心する。

”たまたま食事を同席した80代の親子と話をしてこの店を

知ったよ。”と来店してくださった初めてのお客様。

僕と同じ名前の息子さんを持つ家族。

息子さんのリクエストで来店。

古くからの付き合いで、この店をオープンする前からの

常連さん。ちょっと運命めいたものを感じて、

”今日、誕生日なんですよ”と言ったら

閉店後に花束をわざわざ持ってきてくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ありがとうとしか、言えない。

 

家⇔店

都内のレストランで働いていたとき、

”都内に来たのは久しぶりです”という吉祥寺住まいの

お客様に”吉祥寺も都内じゃないですか!”と返したことがある。

しかし吉祥寺に来てから”都内”という場所が意外に遠い。

普段の生活の中で、満員電車で通勤したり買い物したり

仕事したりすること自体に、どことなくあるギスギスした感じや

窮屈な感じを受ける”都内”。それに比べ穏やかな生活感、

緑が多い街並みなど生活自体にゆとりを感じる吉祥寺。

家と店の往復は都内の時はただの”通勤時間”だったが、

今はちょっとした楽しみだったりする。

Hisilicon K3

ケムリノキ。見たまんまのネーミング

初夏に咲く、ケムリノキ。青空に白い花が映えて

今日だけはクモノキ。一昨年この花を発見した時、

たまたま近くにジャスミンが隠れるように咲いていて

ケムリノキの花は甘い香りがすると勘違いしてしまった

ことがある。去年、ジャスミンを見つけて誤解は解けた。

Hisilicon K3

星形のガクアジサイ。青と白の組合せがクール。

これは井之頭通り沿いのガクアジサイ。花は真ん中あたりの

緑のツブツブ。星形でいかにも花に見えているのはガク。

(通常、花びらの根元にあるヘタ)。

紫陽花もおもしろいことやるよね。

・・・と、こんな風に自転車止めて写真撮ったり、調べたり、

自分なりに考えたりする通勤時間。

 

ランキング付けはどうでもいいが、住みたい街に挙げられる

本当の理由はこういうところのような気がする。

 

 

 

 

ブドウ液と床下の思い

夏のカクテルだけでなく、四季を通じて原料としている

山梨のブドウ液。せめて”ブドウジュース”と言えば

聞こえがいい感じがする。しかし、その呼び名が

ブドウとの付き合いが長い山梨らしい。

Hisilicon K3

基本は一升瓶。

ブドウ作りは江戸時代から、ワインづくりは明治から。

ブドウジュースは葡萄液、ワインは葡萄酒と呼ぶ。

私が山梨のレストランで働いていた頃、80歳くらいの

御老人が来店したことがある。赤ワインを1杯頼んで、

”赤紙が届いてなあ、なんとも言えん気持ちだった。

招集日前夜にな、親父が畳上げて床下から葡萄酒の入った

一升瓶を取り出してな、新聞紙丸めた栓抜いて、コップに

注いでくれた。” しばらく間が空いて、また話す。

”山梨のワインは一升瓶だよ。初めはびっくりしただろ。

みんな畑からとったワインをまあ、いわば密造してな、

床下に入れてたんだよ。” さっきまでの空気を隠すような

話しっぷりに私は相槌を打つだけだった。

床下の思いは聞くべきだったのか。

あの時の沈黙は今も自分に語っている。

 

夏のカクテル”C.モネ”スタート

夏のシャンパンカクテル、

”C.モネ”スタート。

睡蓮をイメージして作りました。

Hisilicon K3

シロップが緑とピンクの2層になる

下のマロー・シロップが2層になり睡蓮を、

上のベースが夏の日差しといったイメージ。

Hisilicon K3

マローはつゆ草みたいな紫色

Hisilicon K3

煮詰めるとエメラルドグリーン。酸化するとピンクになる

ベースは白ブドウジュースに緑茶とミント、ヴェルヴェーヌ

オレンジピールを漬け込みます。

Hisilicon K3

緑茶が一番入ってます

ジャポニズムを取り入れた画家なので、緑茶を使用してます。

シャンパンのみならず、炭酸で割ってノン・アルコールでも

楽しめるようになっております。

爽やかでほんのり甘いカクテル、ご賞味ください。