月別アーカイブ: 2018年1月

サッシが良くなりました。

先日の正月振替休暇を利用して

SACのリニューアル工事・後編を手掛けた。

窓工事だ。窓以外は覆いをかけて完全工事モード。

しかも期間が短いので夜間工事もある。

窓の下壁は板目で隙間から冷気がきていたが、

今回ぴっちり1枚板で貼りなおしたので漏れはない。

なんということでしょう。(某番組風)

窓の隙間から入ってきていた排気ガスで

黒ずんでいた窓枠やカーテンが光り輝いてます。

店内の壁と同じくアイボリーに統一した壁は

断熱材を挟んで強化しました。

それともう一つ、タクヤは大きな問題に

取り組んでいました。

看板です。以前の木製看板が古く朽ちていて

強風や地震の際、落下の危険性が高い状態でした。

材質を変え、やや大きくして安全と広告の両立です。

リニューアル工事後編が終了しました。

新しくなった店内の雰囲気はやはり伝えづらいですね。

”工事の仕上がりはぜひご自身の目でご確認ください”なんて

口上を述べるんじゃないの?と薄っすら気づいた貴方!

さすが察しがよろしいようで。

ご来店、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

野菜がっ!

タイトルの続きのセリフは

想像に難くない。ましてや台所を

預かる方には実感が伴う。

白菜、春菊、キャベツにレタス

葉物が高いのはまだ理解できる。

根菜は違うでしょと思ってしまう。

葉物でも冬の葉物は違うでしょ。

しかし、昨年の10月の天候不順や

季節外れの台風は容赦なく農家さんを

苦しめている。野菜が育ってないのだ。

こんな時はしょうがないね。

しかしレストランはそうはいかない。

”大根のクリームスープ バジルと松の実風味”

根菜の持つ滋味とほんのり甘い味わい。

控えめなバジルとナッツ風味が意外なおいしさを

引き出している。冬の味わいだ。

 

年が明けていささか食傷気味な方や

ゆっくりじっくり過ごしたい方に丁度いい

スープです。

寒さは増してますが、温かい部屋と

美味しい料理を準備してお待ちしております。

 

 

 

 

 

動き出した2018年

挨拶が遅れました。

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

昨日今日が仕事始めの方が多いらしく、

青梅街道や吉祥寺通りにいつもの喧騒が

戻ってきている。お正月気分も早々に

吹き飛んでいるようだ。

あれだけごった返した吉祥寺の街が

閑散として、少し寂しい感じと

落ち着きを取り戻しつつある安堵感が

入り混じっている。

 

昨年の5月から始まったSACの激動は

2018年を迎えてやっと落ち着いてきた

高橋シェフも11月オープンから

12月クリスマスコース、お節と

イベントを切り回し、昨日のお休みで

ほっとしたところだ。

今日はネタというネタはないが

年賀状の犬がどうしても見つけられない

方と答え合わせです。

”ピカソの犬”はネットで調べても出て

きますがSACの店内にもあります。

 

この一筆書き犬です。

右下真ん中よりの道を散歩してます。

これで9匹揃ったでしょうか。

本当は10匹なのですが

トンチを使うネタなので省きました。

もし10匹目をゲットできた方おりましたら

来店の際に教えてください。

何か出るかもしれません。

 

いよいよ始まった2018年。

戌年なだけにワンダフルな・・いや

このフレーズはもうお腹一杯だな。

今年は慌てず、焦らず、踏みしめて

ポチポチ頑張っていきましょう!

(苦しい・・)

皆様のご来店、心よりお待ちして

おります。