ありがたい話


 

”あ、叔父さん来たわ”

”今回はちょっとおとなしいノリモノだな”。

IMG_20160616_141709

神奈川の親戚の叔父さんとは長い付き合いだ。

子供の時は、お盆帰省でたまに顔を合わせる程度だったが、

山梨の大学に来てからは釣りのついでにな、とか、ゴルフの

帰りでな、など理由をかこつけては来てくれていた。

暑い夏だった。

亡くなる1週間前、病院の外で小1時間楽しく過ごせたことが救いだった。

その頃から、叔母さんはフシギなことを言い始める。

”あ、お父さん来たよ”。

墓参りした帰りだった。叔母さんの家で故人を偲びながら

お酒を飲んでいると網戸にオニヤンマが。

普通なら叔母さんを心配する場面だが、私も思わず言ってしまう。

”相変わらず派手なノリモノだよね”。

そう、こんなことが1度や2度ではないのだ。

年に2回くらい叔母さんのところには行くのだが、

そろそろ行こうかなと思っていると珍しい虫が現れる。

毎年、毎回。

去年はビル内にあるSACの入り口にオニヤンマが止まってた。

今年はどうやらエコに切り替えたらしい。シオカラトンボだ。

しかも日本固有の亜種、シオヤトンボだ。

IMG_20160616_141709 (1) - コピー

10分くらいじーっと店内を見ている。

”おまえ~、そろそろ参りにコイや~”と言わんばかり。

”おっちゃん、今回はシオカラだけにしょっぱいノリモノだな”

と返しておいた。

今年も7月に墓参りに行く。

私はこの時期いつも思い出す、あの温かい眼差し。

そして一生思い出し続けるのでしょうね。

だから一生誰かに温かい眼差しを向けられるのでしょうね。

有り難い話だ。