明けましておめでとうございます!


今年の干支は酉。

年始なのにトリとは...。

ああ、かみつき方が大学時代の

飲み会のようだ。

それはさておき、始まりました2017年。

五島の実家で昔飼っていた鶏と

鶏当番だった頃の話でもと思ったが、

ネタのために取り置き。

代わりに最近変わった絵の話を。

img_20161122_005910

タイトルは”歌う魚”。

作者はスペインの画家、ジョアン・ミロ。

ミロは学生の時に横浜美術館で観た時以来、

気に入っている。

でも、結構宇宙と交信しているような

絵が多い。それはあまりどうでもいい。

たまにこんな遊び心いっぱいの絵を

出してくる。まるで子供のような

無垢な絵がとても気に入っている。

魚がエプロン掛けて、

”ごはんくださーい”と叫んでいるような

シンプルに楽しい気分になれる。

題材の魚も気に入っている。

 

兄弟・姉妹5人のなかで

次女が美術方面に秀でている。

次女が神父様のために描いた

金の魚が忘れられない。

ドロドロした闇の海から

飛び出した金の魚。

 

シスターになるために

違う道を歩み、右往左往して

現在は2児の母。

自分の道を見つけたのだなと

腑に落ちる、いい絵だった。

 

新年を迎え、また年を重ねる。

今年も、来年も良い悪いは別として、

また繋がっていける道が嬉しい。

SACもそうあり続けたいと思う、

一枚の絵。

明けましておめでとうございます。