コロンビエ


カトリックでない方にはハテナな話。

イースター(復活祭)から7週間後の

日曜日は聖霊降誕祭。

この日に合わせて主にプロヴァンス地方で

焼かれるケーキが”コロンビエ”。

パロンブ

この中にハトのモチーフが入っている。

平和の象徴であるハト。仏語でコロンブ。

ノアの箱舟が大洪水の後、大地が復活した

証としてハトが枝を持ってくるところから

始まっている。

パブロ・ピカソのハトのパリ万博の絵は

見覚えがある方は多いはず。

 

今日、A.K.ラボというパティスリーに報告に行った。

6月30日にシェフ退店という話を聞いて

心配して下さった同業のオーナーだ。

昨日の夜、正式に新しいシェフが決まったので

その報告だ。

一緒に喜んで一安心していたところで

おめでとうと頂いたのが”コロンビエ”。

奇しくも今年の聖霊降誕祭は6月4日。

私も昭和46年6月4日46歳になった。

当日、両親と姪っ子たちから

ハッピーバースデーの電話をもらった。

そして昨日、新しいシェフ・前田さんを

迎えることになり、久しぶりの

穏やかな休日。

 

ご心配かけました。

再出発します。

皆さんの声が本当に心の支えになりました。

新しいシェフは前田さんです。

パリ一つ星で4年修行後、都内で

シェフをしていた方です。

これからもよろしくお願いします。