魚料理が春っぽい


手袋なしで運転するのは久しぶりだ。

手の甲をなでる風が気持ちいい。

一気に春めいてきたような気がするが、

三寒四温を念頭に、用心に越したことはない。

SACには早速春めいた一皿が登場。

 

”白身魚のポワレ 新玉ねぎと春のスープ仕立て”

下に敷いているスープはフュメ・ド・ポワソンがベース。

魚のアラと香味野菜を煮込んで作る出汁だ。

当店のアラは五島の鮮魚から取っている。

シェフ曰く、澄んだきれいなフュメが取れるとのこと。

そのスープに潜んでいるのは新玉ねぎ。見えないけど。

新玉の優しい甘さと風味良い魚の出汁、

そこへこんがり焼いた魚がパンチ利かせながら

合わさっていく。じんわり楽しむ料理だ。

魚の上には山菜のうるいをあしらっている。

皿の上には春が来ている。