五島にアンコウ⁉


五島から魚が届いた。

季節の変わり目なので

”冬が主役”の魚たちも千秋楽を

迎えようとしている。

”だはぁ~”って顔したコイツは!アンコウ!

今まで主役張っていたヘダイ、イラを押しのけて

”最後の舞台に間に合った~、だはぁ~”と

駆けつけてきた。

確かに旬の終わりで間に合ったはいいが、

初めて見る生のアンコウ。ケッコーなブチャだ。

・・・・。

・・・だんだんエサねだり顔のワンちゃんに見えてきた。

ちょっとブサカワか?

 

五島で取れるんだね。調べてみたら長崎漁港などでも

普通に取り扱っている。ふむふむ、漁獲高日本一は

下関。イメージないけど珍しいものでもないようだ。

しかしこの魚、顔が大きすぎて食べる白身が少ない…。

どうしようかとシェフが考えあぐねた結果、

洋風煮凝りにすることに決定。

アンコウはその白身より頬や皮、肝、

胸鰭の付け根などその他が美味しいらしい。

 

とにかくブランシール(下茹で)して

頭やヒレ、骨から可食部分を取り出す。

ああ、見慣れて可愛く見え始めたところだったのに。

おいしくなれよ~ チーン。

このほぐし身には皮の部分も入っているので

ゼラチンになる。ハーブ類やエシャロットなどを

加えて煮込む。→ 冷やす→完成!

本日のディナーのアミューズ(最初の小さい前菜)。

”アンコウのジュレ仕立て 白バルサミコ”

うむ、お客様に美味しく食べてもらえば

本懐であろう。

今回はたまたまディナーでしたが、

ランチでもお出ししております。

ただこのアンコウ君1匹分ですので

なくなり次第終了となります。

ご了承ください。