7周年記念コース・ワイン編 白ワイン


今日は暑い!

半袖で出勤しようと思ったが、

さすがに10月で半袖だと浮いちゃうかもと

気持ちしゃれっ気出して長袖チョイス。

アウト~!

店に着いてすぐ着替え。

やっぱり名を捨てて実を取るだな。

 

今回チョイスの白は

2009年 ブルゴーニュ リュリー・ブラン。

先に紹介したスパークリングワインが

”親しみやすい王様”なのに対して

”寡黙なプロフェッショナル”というところでしょうか。

10年を経ようとしているその香りは華やかな花や

フレッシュなフルーツとは一味違う。

アンズや蜂蜜、枯れ草やクリームの香りが相まって

ほんのり熟成チーズのような香りまでする。

どう?とっつきにくいでしょ。

 

チーズの香りは賛否両論だけど、

他の香りと一緒に深みを持たせるし、

深い森や田舎を思わせるので

良い香りに考えている。

匂いの強いチーズの好き嫌いに似てるかな。

 

この複雑な香りの向こう側に驚きの展開が。

本来、キリっとした酸味を持つワイン。

年月を経て丸みを帯びるというか、他の

果実味や軽い苦味と一体となって

心地よい、熟れたフルーツジュースの味わいを

作り上げてます。しかもスッと入ってきて

後味にしっかり甘味の余韻を残す実力派。

華やかさよりも実を取ったワインということですな。

 

クリームを使った料理、木ノ子などの土系の

香りを持つ料理、軽い酸味が入る料理を

ぐっと盛り立てます。

赤ワインは待て次号。