ボジョレ・コボレ話 ①


SAC7周年イベントが無事終わりました。

ありがとうございました。

 

ひと段落着いて今度はボジョレヌーボー。

今年は日本だけでなく、ボジョレーも猛暑。

7月は32~35℃台が続き、8月も33℃台が平均だ。

降雨量が少なくて心配されたが、水不足は

無かったよう。ということはしっかり実って

美味しい年になりそうですな。

ボトルや樽の写真でも載せたいところですが

まだフランスを出発していない。

そこで今回はボジョレ・コボレ話。

 

”ボジョレヌーボーは熟成する?”の巻。

熟成=年月を経て美味しくなる

劣化=年月を経て美味しくなくなる

と考えると熟成しません。

ガメ種という黒ブドウで造るのですが、

酸味が強く、皮が薄いためタンニンと呼ばれる

渋味が少なめ。香りは木苺や野苺を思わせる

爽やかで軽やかさが身上。

その長所の引き出し方と、奇しくも短期醸造を目指す

炭酸ガス浸漬法というボジョレーヌーボーの

特別な醸造法とウマが合うのだ。

11月第3木曜日出荷を目指してワインに

仕立てます。黒ブドウは9月~11月が

収穫時期。急ピッチで仕上げるこの醸造法は

渋味が出にくく、リンゴ酸と呼ばれる酸味を

分解するのでガメ種の強い酸味も穏やかになる。

そもそもヌーボーのような需要が無くても

早急に醸造してガメ種らしさを出すことが多い。

このように、ガメ種の良さはフレッシュさに

繋がっているので美味しさのピークが最初の

3か月くらいなのだ。熟成しないというよりは

ピークをすぐ超えてしまうと言った方がいい。

ボルドーの長期熟成のワインでもピークを過ぎたら

ピーク時より美味しくはない。

というわけで、すぐ飲みましょう。

ちなみに最近は力強くて熟成もする、

ガメ種のイメージを払しょくするような

ボジョレも見直されてきてますよ。

次回のコボレ話は・・ってどうしよう。